仲間づくり大切、活動報告し卒業

更新日:2018年03月20日

JA松本ハイランドが総合的な教育活動を展開するために設ける「JA夢あわせ大学」の学部の一つで、高齢者の生きがい学習の場として開く文化講座「はつらつ大学」は3月上旬、第31期の卒業式を松本市のJAグリンパルで開いた。53人が卒業した。
卒業生全員の名前を発表し、皆勤した13人に記念の鉢花を贈った。式典終了後には初めて、目的別グループの発表会も開催。料理や手芸などをテーマに活動する九つのグループが活動を報告し、「仲間づくりの大切さ」を説いた。
皆勤賞を受賞した波田地区の加納豊子さんは「仲間と一緒に講座を楽しむことができてよかった」と笑顔を見せた。JAの伊藤茂組合長は「今期も自主的な活動で地区を超えた交流を深めることができたと思う。今後の活躍に期待したい」と話した。

仲間づくり大切、活動報告し卒業

伊藤組合長から皆勤賞の鉢花を受け取る卒業生

このページの先頭へ