横内一郎氏を副組合長に選任

更新日:2020年06月30日

JA松本ハイランドは6月26日に本所グリンパルで開いた理事会で、執行体制の変更について協議を行った。
同JAの伊藤茂代表理事組合長が、6月29日に開かれたJA長野中央会の通常総会で常勤会長として選任されることを受け、定款に基づくJAの常勤理事に欠員が生じることから代表理事副組合長職を設置。島立支所担当理事の横内一郎氏を同職に選任した。
横内副組合長は「責任の重さを痛感するとともに身の引き締まる思いでいる。今年度は3JAの合併を控え、いかに早く、一つのJAとなれるかが重要。組合員結集による販売力を高めるとともに、組合員・地域のみなさんにJAの必要性を伝えていきたい」と力を込めた。
今後、伊藤組合長はJA長野中央会会長としての責務を果たしながら非常勤の代表理事組合長としてJA松本ハイランドの業務を統括し、常勤の横内副組合長がその業務を補佐する。

横内一郎氏を副組合長に選任

理事会で就任の抱負を話す横内副組合長(26日 松本市で)

このページの先頭へ