新鮮な野菜を全国へお届け!

更新日:2020年06月18日

JA松本ハイランド朝日野菜委員会女性専門部は6月12日、地元特産の野菜を詰め合わせた第1弾の「野菜BOX」186箱を全国へ発送した。この取り組みは、村内の住民が自分でつくるもの以外にも、親戚や友人に村のおいしい農産物を味わってほしいという思いから始まった。村内在住者から注文を受け、毎年6月と8月の2回実施。当日は、朝日村のJA朝日営農センターで同部員やJA職員ら23人が協力して手際よく箱詰めした。
新鮮な野菜が届くと毎年好評で、今年で24年目。全国に固定ファンが付くなど人があり、関東や関西をはじめ、法華堂や沖縄県などにも発送。今年の「野菜BOX」には白菜、グリーンボール、レタス、ブロッコリーなど全7種類の採れたて野菜と、詰め合わせた野菜を活用できる料理レシピを同封した。「野菜BOX」の内容は毎年会議を開き、前年の反応を基に検討を重ねる。同専門部長の小坂ほなみさんは「たくさんの種類の野菜が入っているのでとても喜ばれる。レシピも活用してもらえたら嬉しい」と話した。
年間約400箱を県内外の消費者へ届けている。第2弾は、トウモロコシなど、時期にあった旬の野菜を詰め合わせる計画だ。

新鮮な野菜を全国へお届け!

野菜をていねいに箱へ詰める部員たち(12日朝日村で)

このページの先頭へ