農機展示会で、安全呼び掛け

更新日:2018年03月30日

JA松本ハイランドは3月中旬の2日間、松本市和田のあぐり資材センター和田前広場で「農業機械・自動車大展示即売会」を開いた。約1000人が来場。小型防除機や大型トラクターなどの農業機械やガス器具、などを展示した他、国内自動車メーカーの新車や中古車も並んだ。
田植え機とトラクターの安全取り扱い講習会も同時に開催。農作業が本格化する時期を前に農業機械の使い方を再確認し、事故を未然に防ぐことが目的。イベントの集客を利用することで多くの人に農業機械の安全使用を呼び掛けた。
メーカーの担当者が実際に田植え機とトラクターを使い、作業前の点検項目や作業時の注意点などを説明。「危険な路肩などがないか」などのポイントを学び、農作業安全への理解を深めた。
JA農業機械課の松山浩明課長は「イベントに合わせて講習会を開くことで多くの人に農業機械の安全使用を呼び掛けることができる。今後も継続した取り組みをしていきたい」と話した。

農機展示会で、安全呼び掛け

展示即売会に合わせて農業機械の安全使用を呼び掛けた講習会

このページの先頭へ