健康守る大会、元気な地域へ

更新日:2018年11月03日

JA松本ハイランドをはじめ松本市、市医師会など25団体でつくる松本地区健康管理推進会議は10月中旬、「第47回健康を守る大会」を同市で開いた。538人が参加。「健康はいつもあなたの笑顔から」をテーマに、事例発表や講演などをした。
事例発表では、市医師会が、薬局と連携した「多職種連携による糖尿病性腎症重症化予防の国保事業」の取り組みを紹介した。リフレッシュ体操やパイプオルガンの演奏などもあった。会場では、同JA助けあい組織「夢あわせの会」が手作りのシソ・梅ジュースの試飲を行った。
主催者代表のあいさつで伊藤茂議長(同JA組合長)は「自らの健康は自らで守るという意識を持って自身の健康を再認識し、元気な地域の創造へ向けて健康を守る活動を広げてほしい」と呼び掛けた。

健康守る大会、元気な地域へ

簡単な体操で体をリフレッシュする参加者

このページの先頭へ