園児ら招き、リンゴ収穫

更新日:2017年11月05日

JA松本ハイランド山辺支所の百瀬房雄担当理事は10月下旬、松本市入山辺保育園の園児37人を自身のリンゴ園に招き、「陽光」の収穫体験を行った。園児たちに地元産果実のおいしさを味わってもらおうと企画し、今年で8年目の恒例行事だ。
園児は、百瀬理事からおいしいリンゴの選び方と収穫方法を教わると、1人2個ずつ、もぎ取った。園児たちは散歩で普段から園地を訪れて果実が色付いていく様子を観察していて、「真っ赤になってる」と目を輝かせていた。収穫したリンゴは園児が家に持ち帰り、家族と一緒に味わった。
百瀬理事は「リンゴが育つ様子や、取れたてのおいしさを知ってもらえたらうれしい」と話した。

園児ら招き、リンゴ収穫

真っ赤なリンゴをもぎ取る園児

このページの先頭へ