教育文化活動、対話の糸口に

更新日:2019年09月07日

JA松本ハイランドは8月下旬、教育文化活動実践リーダー研修会を松本市のJAグリンパルで開いた。常勤役員や部長、支所長など42人が出席した。
具体的な教育文化活動の充実に向け、家の光三誌を活用した情報発信を目的に普及推進運動を展開することなどを再確認。家の光三誌合計3万4897部の目標達成に向けて役職員一丸となった取り組みを進めていく。
家の光協会の担当者がさまざまな記事内容を紹介。「組合員との対話のきっかけに活用してほしい」と呼び掛けた。
今年は、「また参加してみたいと思う活動の魅力って?」をテーマに6班に分かれてグループワークも行った。「『ちゃぐりん』を活用した活動は食育の取り組みになる」「『家の光』には料理や家庭菜園、防災などさまざまな記事が掲載されているので一人一人に興味を持てる活動を行っていきたい」など活発に意見が上がった。

教育文化活動、対話の糸口に

多くの意見が出たグループワーク

このページの先頭へ