花で心なごやかに

更新日:2020年05月22日

JA松本ハイランド夢あわせの会波田支部は5月18日、社会福祉法人松本ハイランドが運営する特別養護老人ホーム「ゆめの里今井」で花壇づくりを行った。入所者にも花で季節の訪れを感じてもらおうと昨年から実施している。
当日は同会の会員3人が訪れ、同施設の敷地内に設置された花壇へ、花の配色やバランスを考えながらひまわりやマリーゴールド、なでしこなど5種類の花をていねいに植え付けた。入所者は花壇が華やかになっていくようすを楽しそうに眺めていた。
同会の渡辺公子さんは「少しでも花をみて心なごやかに過ごしてもらえればうれしい。今後は、チューリップやスイセン、アイリスなどを植え、1年を通して入所者の皆さんに楽しんでもらえる花壇づくりを行っていきたい」と語った。同施設の髙山真太郎生活相談員は「施設内からも見える位置にあるので、外出できない入所者も季節の移り変わりを感じることができる」と話した。

花で心なごやかに

花壇に協力して花を植える会員(18日松本市で)

このページの先頭へ