住宅ローン相談会を開催 ニーズにあったプランを提案

更新日:2020年02月25日

JA松本ハイランドは2月15日、16日の2日間、タマホーム松本支店で住宅ローン相談会を開いた。同社のニューモデルハウスオープンに合わせて初めて行ったもので、新規顧客の獲得や、ハウスメーカーとの連携強化につなげる狙いだ。
当日、店内の一角に備えた特設ブースには子育て世代の夫婦など21組が訪れ、同JA総合相談センターローンプラザの職員が相談に対応。三大疾病保証付き住宅ローンで幅広いリスクをカバーすることや、各家庭の収支にあった借り入れ金額設定など、来場者のニーズに合わせた提案を行った。相談後、アンケートを実施し、回答者には同JA産コシヒカリと、地元産ブランド卵をプレゼントし、管内農畜産物のおいしさもPRした。今後は、定期的に住宅展示場でのローン相談会を開催する予定だ。
ローンプラザの児玉哲弘センター長は「若年層にJAの融資事業を知ってもらうために、外に赴いて行う相談会を積極的に開催したい」と話した。
ローンプラザでは、住宅ローンを中心に各種ローンの相談を受ける。土曜日・日曜日も営業し、会社勤めなどで時間が取れない利用者のニーズに沿った対応にも尽力する。

住宅ローン相談会を開催 ニーズにあったプランを提案

来店客の相談に乗るJA職員(16日 松本市で)

このページの先頭へ