米穀営農指導員がベテラン農家に学ぶ

更新日:2020年07月22日

JA松本ハイランドは、同JA管内で豊富な経験や技術を持つ先進農家が営農指導係のスキルアップに役立つ指導や助言を行う「営農技術アドバイザー制度」を導入している。営農指導係の教育・養成ならびに管内の農業生産技術の向上をはかり、専門化する生産技術や高度な情報化に対応できる営農指導体制を構築する狙いだ。
7月20日、米の営農技術アドバイザーである百瀬茂敏さん(神林地区)に講師を依頼し、研修会を実施。米穀の指導を担当する営農指導員ら10人が出席。ほ場を視察し、管理状況や技術情報を共有したほか、共同施設の在り方と百瀬さん自身の経営理念について講義。広域神林水稲育苗センターの組合長、水稲共同育苗施設連絡協議会の会長を務めた経験から、共同施設は、たくさんの利用者からの意見が集まってより良いものに発展していくことが利点であることなどを説明したほか、育苗から一つ一つの作業をていねいに行うことで経営の安定につながるなど「ロスのない生産」を念頭に置いた理念を伝えた。
百瀬さんは「技術員同士の横のつながりを大事にし、日々進歩する技術にアンテナを張ることが大切。指導員一人ひとりが組合員に還元できる新たな取り組みを提案できる力を養ってほしい」と期待を込めた。研修会に参加した指導員の野口智之さんは「いまある共同施設には、設立に関わった人たちの思いが込められていることを知った。今後も、組合員の皆さんからいただく意見を指導員同士で共有し、さらなる農業の発展に努めたい」と話した。

米穀営農指導員がベテラン農家に学ぶ

営農指導員に経験談を話す百瀬さん(写真中央)(20日 松本市で)

このページの先頭へ