野草使い盆栽会

更新日:2019年07月04日

JA松本ハイランド女性部筑北支部「野草盆栽会」は6月29、30の両日、麻績村で野草盆栽展を開いた。
部員がヤマアジサイやモミジなどの野草を使って制作した盆栽を多数展示した他、来場客に販売。地域住民を中心に多くの人が訪れ、個性あふれる作品を楽しんだ。
盆栽に使った鉢の多くは部員の手作り。手作りの鉢は、年月が経過し色が変わることで味が出る楽しみがある。
野草が枯れた場合は、砕いて粉にして、鉢の素材として再利用できるなど環境に優しい利点もある。
同会の小山みよ子副会長は「これからも展示会を楽しみに待っているファンの期待に応えられるように、魅力的な作品を作っていきたい」と話した。

野草使い盆栽会

個性豊かな盆栽が並んだ会場

このページの先頭へ