メニュー閉じる

松本ハイランド情報

TOP > 松本ハイランド情報 > 広報 > JA松本ハイランドの出来事 > 「じゃがいも・くだものまつり」盛況 さまざまな品種のじゃがいもがずらり

「じゃがいも・くだものまつり」盛況 さまざまな品種のじゃがいもがずらり

農機・工機・自動車センター

アドバイスを受けながらじゃがいもの詰め放題を楽しむ来店客(左)

JA松本ハイランド女性部塩尻支部と広丘支部の生産者が運営する農産物直売所「勇気野菜館」では、旬の農産物を楽しんでもらおうと、毎月イベントを開催している。9月8日には「じゃがいも・くだものまつり」を行い、部員が丹精こめて育てたじゃがいもやぶどう、梨などの果物を特別価格で販売した。
当日は採れたばかりの新鮮な野菜や果物が店頭に並んだほか、じゃがいもは「きたあかり」や「メークイン」、「男爵いも」、「大白」、「べにあかり」などさまざまな品種を用意。訪れた買い物客は品種ごとの味の違いや、煮物に適したじゃがいもの品種はどれかなど部員との会話を楽しみながら、気に入った品種のじゃがいもを手に取っていた。また、「アンデスレッド」の詰め放題を開催し、購入した買い物客は部員に詰め方のアドバイスを受けながら袋いっぱいにじゃがいもを詰め込み、「ポテトサラダやみそ汁にして、家族みんなで楽しみたい」と笑顔を見せた。
同直売所運営委員会の山田由美子委員長は「じゃがいもはいろいろな品種をそろえることができたので、お客様にも好みに合わせたじゃがいも選びを楽しんでもらえてよかった。これから果物も多くでる時期になるので、旬の味を楽しんでもらいたい」と話した。