メニュー閉じる

松本ハイランド情報

TOP > 松本ハイランド情報 > 広報 > JA松本ハイランドの出来事 > 愛され続け15年 新鮮な野菜がずらり!

愛され続け15年 新鮮な野菜がずらり!

農機・工機・自動車センター

新鮮な野菜を買い求める買い物客

JA松本ハイランド女性部新村支部の直売所グループが運営する「新村女性部直売所」が6月15日、今期の営業を開始した。松本市の同JA新村支所駐車場の一角にテーブルを出し、会員たちが育てた野菜をたくさん並べてスタート。地元で採れた新鮮な野菜を地域の人たちへ届けようと始まり、今年で15年目をむかえる。
店頭には、部員が育てた旬の野菜や花、おやきなどの加工品やエーコープマーク品などがずらりと並んだ。あいにくの雨模様にも関わらず、オープン前から開店を待ちわびた地元の人たちが大勢集まり、にぎわいを見せた。オープン記念として先着100人には花苗をプレゼント。買い物客は次々と新鮮な農産物を手にとり、かごいっぱいに買い求めていた。
オープンを楽しみにしていたという買い物客は「地域の人たちが育てた野菜なので、とても新鮮なものが並んでいる。近くに旬の農産物を買うことができる場所があるのはありがたい。来月も買い物に来るのがたのしみ」と話し、同グループ代表の山田久子さんは「会員の皆さんの協力で直売所は成り立っている。元気で集まって、地域の方々と楽しく交流を続けられたらうれしい。今年は15年目をむかえる、記念の年なのでできることを何か計画していきたい」と意気込んだ。
同直売所は11月まで、偶数月は年金支給日、奇数月は第3水曜日の午前9時30分から販売を行い、売り切れ次第終了する。