メニュー閉じる

松本ハイランド情報

TOP > 松本ハイランド情報 > 広報 > JA松本ハイランドの出来事 > 若手就農者が夢を持てるように 市町村へ農業者支援要請

若手就農者が夢を持てるように 市町村へ農業者支援要請

農機・工機・自動車センター

要請書を手渡す上條常務

JA松本ハイランドとJA全農長野は「食肉処理施設(松本市)の整備に関する要請」と「資材価格高騰に対する農業者支援に関する要請」を管内市町村へ行った。6月9日には管内の朝日村小林弘幸村長へ要請書を手渡した。
同施設は、松本市の新たなごみ処理施設建設のため、市有地の返還を松本市から求められている。畜産業のインフラでもある同施設の機能を維持するため、代替地探索への協力を求め、施設を公設か公設に近い形式とすることを要望した。同JAの上條満常務は「同施設は農家と生産者をつなぐ必要不可欠な施設。食の安心安全と信州のブランドを守るためにも各団体と協力していきたい」と話した。
資材価格高騰に対する農業者支援の働き掛けについては、新型コロナウイルス等を始めとする今日の状況に加え、生産資材価格はこれまでにない高値で推移し、農家経営が危機的状況になっている。国からの地方創生臨時交付金の拡充を踏まえ、村内農業者への早急な支援を検討頂くよう求めた。小林弘幸村長は「夢を持って就農した若手農家が下を向いてしまわないように、村としてもできる限りの協力をしていきたい」と熱心に語った。