メニュー閉じる

松本ハイランド情報

TOP > 松本ハイランド情報 > 広報 > JA松本ハイランドの出来事 > 塩尻支所協同活動 大きなダイコンに笑顔

塩尻支所協同活動 大きなダイコンに笑顔

農機・工機・自動車センター

JA職員と協力して収穫する園児

JA松本ハイランド塩尻支所は11月16日、塩尻市の北小野保育園の園児とダイコンの収穫を行った。農業の楽しさや収穫の喜びを体験してもらおうと、支所協同活動の一環として毎年行っているものだ。園児たちは9月の種まき以降、散歩の際に畑に立ち寄り、生長を見守ってきた。
当日は3~5歳の園児25人がJA役職員らの指導のもと収穫を体験した。園児は大きく育ったダイコンに苦労しながらも、力をあわせて約150本を収穫。引き抜いたダイコンを両手で抱え「こんなに大きいのとれたよ!」「おでんにしたらおいしそう」と笑顔を見せた。収穫したダイコンは園児が1本ずつ各家庭に持ち帰ったほか、園の給食で味わった。
同支所の青柳祐司支所長は「種まきから生長を観察してきたことで、普段食べているものがどうやってできているのかを知ってもらえたと思う。収穫体験を通して農業の楽しさを知り、興味を持ってもらえたらうれしい」と話した。