メニュー閉じる

松本ハイランド情報

TOP > 松本ハイランド情報 > 広報 > JA松本ハイランドの出来事 > 「すいか村」今年もオープン 旬の味を楽しんで

「すいか村」今年もオープン 旬の味を楽しんで

駐車場

対面販売を楽しみつつスイカを買い求める来場者

JA松本ハイランドあぐり資材センター和田前広場に7月10日、期間限定の「すいか村」がオープンした。生産者はそれぞれの名前を掲げたテントで朝収穫したばかりの新鮮なスイカを販売。来場者は、生産者との会話を楽しみながら旬のスイカを買い求めた。
すいか村は、JA管内のスイカ農家の直売ブースを1カ所に集めた会場。新型コロナウイルス感染防止対策を徹底して販売する。今年の出来具合やおいしい玉の見分け方などを生産者から直接聞ける対面販売が毎年人気を集めている。今年は2戸の生産者が出店しているほか、JA共選所で内部品位センサーを通し、糖度などの基準を満たした「JA松本ハイランドすいか」の直売コーナーも隣接している。
友人と松川町から訪れたという来場者は「毎年、ニュースですいか村のことを見て、訪れたいと思っていた。友人と誘い合わせて今年ようやく来ることができてうれしい。家でスイカを食べるのが楽しみ」と話し、すいか村の百瀬芳明村長は「定植後の低温が心配したが、だんだん気温もあがってきて、スイカが美味しい時期になってきた。おいしいスイカをたくさんの人に届けられるように精一杯やっていきたい」と意気込んだ。
今年も「JA松本ハイランドすいか」の特徴である糖度やシャリ感を持ち合わせた高品質なスイカに仕上がっている。すいか村は8月16日まで無休で開く。営業時間は、7月は9時から16時、8月は9時から15時までの予定で売り切れ次第終了。贈答用も取り扱い、全国発送もしている。問い合わせは同JA生活購買センター、電話0263-88-1224。