メニュー閉じる

松本ハイランド情報

TOP > 松本ハイランド情報 > 広報 > JA松本ハイランドの出来事 > 神林親子夢あわせ農園で作業 元気に育つよう願いを込めて

神林親子夢あわせ農園で作業 元気に育つよう願いを込めて

収穫支援センター

協力してポップコーンの播種を行う佐藤さん親子

JA松本ハイランド神林支所は5月30日、松本市神林地区の圃場で「神林親子夢あわせ農園」の活動を行った。同農園は農業に触れる機会が少ない子どもに食の大切さや農業の楽しさを伝えるとともに、地域住民が交流する機会を作ろうと支所協同活動の一環として取り組み、今年で4年目を迎える。
当日は同地区の親子とJA職員あわせて12人が参加し、営農指導員の指導のもと、枝豆などの播種やサツマイモの定植、草取りなどを協力して行った。参加者は元気に育つよう願いを込めながら、種や苗にていねいに土をかぶせていた。また、ポップコーンと牧草を圃場に引いた線に沿って播種。その線は生長した草丈を活かして出現する迷路となっており、子どもたちが遊んで楽しむ予定だ。
農園の活動に親子で毎年参加している佐藤かおりさんは「親子で一緒に作業ができるので、子どもたちも楽しみにしている。自分たちで育てたものを食べるよろこびを知ることができる貴重な機会にもなっているのでありがたい」と話した。
今後は同支所の職員も協力しながら管理を行い、月1回ほど親子で集まり作業をする計画。次回は6月中旬にタマネギの収穫などを行う。