メニュー閉じる

松本ハイランド情報

TOP > 松本ハイランド情報 > 広報 > JA松本ハイランドの出来事 > そば打ち楽しむ 年越しは手打ちそばを!

そば打ち楽しむ 年越しは手打ちそばを!

収穫支援センター

教えあいながらそば打ちを行う部員

JA松本ハイランド女性部新村支部は12月16日、そば打ち講習会を開き、部員25人が参加した。地元で育てたそば粉を使用し、地産地消の取り組みの一環として活動をはじめ、30年以上続いている。同支部では人気の支部活動の一つであり、部員同士の交流を深める場にもなっている。
講師は、同支部の中からそば打ちが得意な部員が担当し、お互いに教えあいながら二八そば打ちに挑戦。「そば粉と水は手のひらを使って、全体に混ぜ合わせることがポイント。200回はこねること」「全体の薄さが均一になるように、丁寧に生地をのばしていくこと」などアドバイスを受けつつ、そばの香りを楽しみながら、参加者はそれぞれにそば打ちを行った。
同支部の増塩美代子支部長は「部員同士、助け合って全員が納得のいく仕上がりのそばを打つことができた。地元のそば粉を使用することで地産地消の取り組みとして地域の活性化にもつながる。毎年楽しみにしている部員も多いので、来年以降も継続して取り組んでいきたい」と意気込んだ。参加した部員は、「講習会で教わったことを参考にして、今年の年越しそばは自宅で打ちたい。家族みんなに手作りの味を楽しんでもらいたい」と話した。