JAとは

JAとは・・・

JAとは農業協同組合の新しい愛称で、日本の農業協同組合「Japan Agricultural Co-operatives」の頭文字をとったものです。農業協同組合(農協)は、農業に従事する人たち(組合員)の協同組織です。

JA松本ハイランドのコンセプト

「JA松本ハイランドは、人と自然が共生する農業の振興と地域の未来づくりをすすめます。」
農業振興のための事業を基幹事業に、営農指導、生産・生活物資の供給、農産物販売、農機・自動車販売・修理、燃料供給、金融・共済、不動産、高齢者福祉、葬儀、旅行代理事業などさまざまなフィールドをもつ総合事業体として、地域に暮らす人々を多方面から支えています。

業種は豊富

具体的にその内容を説明しましょう。

●営農部 : 食料自給率の低い日本ですが、日本農業を守るために頑張っている生産者が大勢います。そのみなさんと共に考え、生産者ひとりひとりのサポーターとして、生産、栽培、販売など、よりよい農業活動を実践していくのが営農部です。

●金融部 : JAバンクとして一般の銀行業務と変わらない業務を行っています。農業のための融資はもちろん地域のみなさんの経済活動のため、各種ローン、貯金、為替、税金・公共料金の決済から年金のお受け取りまで、金融業務をすべて扱います。

●共済部 : 生命、医療、建物、年金、自動車・自賠責共済など、人は安心して暮らすために様々な保障を必要とします。JA共済は地域のみなさんの安心と夢を応援しています。

●経済部 : 組合員や地域のみなさんの生活に欠かせない食料品、日用品の販売をはじめ、燃料(給油所、LPガス等)、葬儀、宅配、共同購入活動、など、暮らしに密着した活動をしています。

●子会社 : 旅行や不動産の代理店業務、お車の販売や修理(車検)、高齢者福祉など、みなさんの暮らしに役立つ業務を行っております。

●監査部 : 定められた規定により、適切な業務処理が履行されているか確認しています。

●総務企画部 : 経営分析や、ルールに則した内容で業務が行なわれているかの確認、情報提供や人事・採用また、各事業部との連携をしている部門です。

期待と信頼に応える良きパートナーとして

 JA組織は、協同組合という人と人とのつながりを大切にした組織です。組合員や地域のみなさんの期待やニーズに的確に応えていくことや、幅広い意見や意向を事業活動に反映させた組織運営を実現していくこと、こうした組合員や利用者一人ひとりの期待と信頼に応えていくことがJA職員の役割です。
 JAが行う事業やサービスは、組合員や利用者とのパートナーシップの関係を基本に成り立っています。農業経営の安定や成長を支援したり、すてきな人生設計を応援したり、住みやすい地域社会をつくるためのサポート役としてJA職員に期待が寄せられています。信州の自然が好きで、人が好きなあなたなら申し分ありません。

このページの先頭へ