メニュー閉じる

松本ハイランド情報

TOP > 松本ハイランド情報 > 広報 > JA松本ハイランドの出来事 > ナガイモ・サンふじ シーズン到来 市場でトップセールス

ナガイモ・サンふじ シーズン到来 市場でトップセールス

駐車場

市場関係者へPRする田中組合長

JA松本ハイランドは11月8日、松本市公設地方卸売市場の競り場で、同JA特産のナガイモとリンゴ「サンふじ」の初競りにあわせてトップセールスを行った。株式会社長印松本支社の競り場で、同JAの田中均組合長をはじめ、役職員9人が仲卸業者など市場関係者ら約30人を前に高品質に仕上がった「ナガイモ」「サンふじ」の出来栄えをPRした。
田中組合長は「ナガイモもサンふじも例年通りの高品質に出来あがっている。農産物には、農家の努力が詰まっている。地元の味を地元の消費者に積極的に届けてもらいたい」と呼びかけた。また、市場関係者に同JA産の農産物のおいしさを味わってもらい、販売強化につなげようと、三村晴夫常務と上條滿常務が、サンふじ1ケースとナガイモ1ケースを同社の西澤智成支社長に手渡した。
初競りが始まると仲買人が威勢のいい声を市場に響かせながら、「秀」等級4Lのナガイモ1ケース5万円、「特秀」等級2段のサンふじ1ケース13万円で仲卸業者に競り落とされ、会場から拍手が起こった。