メニュー閉じる

松本ハイランド情報

TOP > 松本ハイランド情報 > 広報 > JA松本ハイランドの出来事 > 仕事始め式 新年への想い新たに

仕事始め式 新年への想い新たに

収穫支援センター

だるまに目を入れる横内一郎副組合長

JA松本ハイランドは1月4日、各支所など同JAの施設で仕事始め式を行った。松本市にある本所グリンパルでは、コロナ対策として密を避けるため、各部署から代表者を選出し、役職員約100人が出席。役職員が揃って新年への思いを新たにした。
横内一郎副組合長は「合併してから初めての年頭を迎えた。最初の1歩を大きく踏み出していく年として、ワンチームで一致団結して頑張ってもらいたい。また、今年は中期3カ年計画のまとめの年でもあり、来年以降の計画を立てる大事な年でもある。組合員や地域住民の期待に応えられるよう、全集中で日々取り組んでもらいたい」と呼びかけた。
副組合長をはじめ役職員の代表者15人がだるまに入瞳。組合員、地域住民の豊かな生活とJAの発展を祈るとともに、決意を新たに2021年のスタートを切った。