メニュー閉じる

松本ハイランド情報

TOP > 松本ハイランド情報 > 広報 > JA松本ハイランドの出来事 > 親子で楽しくスウィーツ講座

親子で楽しくスウィーツ講座

農機・工機・自動車センター

親子で一緒にケーキにデコレーション

JA松本ハイランドは10月31日から11月7日にかけて、計6会場で「手作りスウィーツ講座」を行った。55組、103人の親子が参加。親子で一緒に楽しめる、今年から新設した「次世代料理教室」として初開催したものだ。
同JA産の今が旬の農産物「シャインマスカット」とりんご「秋映」をふんだんに使ったホールケーキ作りに挑戦。同JA組合員文化広報課の職員が講師を務め、「用意した農産物は全て地元産で、地産地消につながる食材。安心・安全な農産物が地元にはたくさんある。地元の農家を応援する意味でもなるべく地元の食材を選びましょう」と話し、旬の農産物情報を説明しながらケーキ作りを行った。松本市から参加した親子は「なれないケーキ作りに苦戦したけど、親子でできてよかった。子どもに手伝ってもらえる工程が多く、一緒に楽しむことができた」と笑顔で話した。
同JA組合員文化広報課の佐藤和哉課長代理は「地元の食材をふんだんに使ったケーキ作りを通して、若い親子が地産地消について考えるきっかけになってもらえれば嬉しい。今後も次世代向けの講座を計画し、広く地産地消を伝え、JAファンを増やしていきたい」と意気込んだ。