メニュー閉じる

松本ハイランド情報

TOP > 松本ハイランド情報 > 広報 > JA松本ハイランドの出来事 > 松本市美術館で花き展示 花でつながる

松本市美術館で花き展示 花でつながる

農機・工機・自動車センター

「花でつなぐ」をテーマに飾りつけた

JA松本ハイランドは11月9日から13日までの5日間、松本市美術館のこども創造館に地元産花きを使ったフラワーアレンジメントの展示を行っている。同JAの花きブランド「松本ハイランドフラワー」の魅力を伝え、消費拡大と販売促進につなげようと実施。今年で3年目を迎える。
11月8日には、黄色や白・ピンクなどのアルストロメリアを中心に8種類、500本を使い作製。「花でつなぐ」をテーマに、6つの鉢を葉でつなぎ、1つ1つの調和を楽しむ作品に仕上げた。完成した作品の後ろには、同JA花き部会の部会長と共選部長の顔写真とともに花き生産に対する想いなどのインタビュー記事や「松本ハイランドフラワー」の品目ごとの出荷時期を示したカレンダーなどを掲示した。
同JA花きセンターの原千史さんは「この展示が、地元産花きの情報発信や消費拡大のきっかけになってくれればうれしい。日常の中に花のある生活を楽しんでもらいたい」と話した。