メニュー閉じる

松本ハイランド情報

TOP > 松本ハイランド情報 > 広報 > JA松本ハイランドの出来事 > 大きなダイコンとれたよ! 収穫体験に笑顔

大きなダイコンとれたよ! 収穫体験に笑顔

農機・工機・自動車センター

協力して収穫をする園児と赤澤担当理事

JA松本ハイランド塩尻支所は11月7日、塩尻市の北小野保育園の園児とダイコンの収穫を行った。支所協同活動の一環として、子どもたちに農業の楽しさや収穫のよろこびを体験してもらおうと毎年行っているものだ。今年は新型コロナウイルスの影響で種まきの体験はできず、同支所の職員だけで行ったが、園児は収穫を楽しみにしながら、ダイコンが生長する様子を観察してきた。
当日は年少・年中・年長園児29人がJA役職員ら8人から指導を受けて、収穫を体験した。園児たちは大きく育ったダイコンを苦労しながらも力いっぱい引き抜き、約180本を収穫。自分の背丈ほどもある立派なダイコンを抱えながら、「とっても大きいダイコンがとれたよ!」と笑顔を見せた。収穫したダイコンは園児が1本ずつ家庭に持ち帰ったほか、園の給食でも味わう。
同支所の赤澤日出三担当理事は「この体験を通して、子どもたちに食や農に親しみをもってもらえればうれしい。持ち帰ったとれたてのダイコンの味を家族と楽しみながら、今日の収穫のよろこびを共有してもらいたい」と話し、同園の武居理恵園長は「種まきの体験はできなかったものの、子どもたちは今日の収穫を楽しみにしていた。地域の方の協力でこういった貴重な体験をすることができてありがたい」と話した。