メニュー閉じる

松本ハイランド情報

TOP > 松本ハイランド情報 > 広報 > JA松本ハイランドの出来事 > 職員と交流を大切に 青年部塩尻支部タマネギ定植

職員と交流を大切に 青年部塩尻支部タマネギ定植

農機・工機・自動車センター

会話をしながらタマネギの定植を行う百瀬支部長(左)ら

JA松本ハイランド青年部塩尻支部は11月2日、塩尻市広丘のほ場でタマネギの定植を行った。6月に行っている「玉ねぎ収穫祭り」に向けたもので、収穫体験を通じて地域住民に農業の楽しさを知ってもらおうと取り組み、今年で3年目をむかえる。
同JA塩尻支所と広丘支所の役職員も協力し、同部員とあわせて約50人が参加。今年6月に行われた収穫イベントが盛況だったことから昨年の面積に加え、13アール拡張した、合計18アールのほ場に、同部員らが種から育てた約4万株のタマネギを定植した。昨年は土壌分析などをしながら育てたことで、高品質なタマネギが消費者に好評を博した。今年も引き続き高品質なタマネギを目指し、JA役職員と協力しながら徹底した管理作業を行っていく。
同支部の百瀬良樹支部長は「今年の収穫イベントは開始から数時間で収穫用のタマネギが終わってしまったので面積を大幅に拡張した。この活動を通してJA役職員や地域の方に農業に触れ興味をもってもらえたらうれしい」と話し、広丘地区の塩原卓担当理事は「元々は青年部員だけでこの活動を行っていたが、JA職員と青年部員が会話をしながら一緒に活動することでよい交流の場となっている。これからも管理などをつうじてJA役職員や地域の方とより交流を深めていきたい」と意気込んだ。