メニュー閉じる

松本ハイランド情報

TOP > 松本ハイランド情報 > 広報 > JA松本ハイランドの出来事 > 販売促進活動を再開 隊員が直売所でPR

販売促進活動を再開 隊員が直売所でPR

農機・工機・自動車センター

店頭で声掛けをする隊員(右)

JA松本ハイランドの農産物販売促進隊「美味しさとどけ隊」は11月5日、同JAの農産物直売所「ファーマーズガーデンやまがた」で販売促進活動を行った。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、自粛が続いていたものの、2019年依頼、3年ぶりの活動となった。店頭での声掛けとサラダに振りかけるだけで簡単にドレッシングとして使える調味料を配布した。
当日は、隊員と同JAの職員2名が店頭に立ちPR。天候にも恵まれ、大勢の来店客でにぎわいを見せた。隊員は11月19日~20日に行う「秋の味覚大市」や旬の農産物情報について説明していた。来店客は「ドレッシングを使って、ファーマーズで買った野菜でサラダにする。味覚大市にも期待して来たい」などと話も弾み、充実した活動となった。
同隊の神沢久恵さんは「お客様と直に接することができ、楽しく会話をしながらPRすることができた。ぜひ、配布したドレッシングを使ってサラダで食べてもらえたら」と話した。