メニュー閉じる

松本ハイランド情報

TOP > 松本ハイランド情報 > 広報 > JA松本ハイランドの出来事 > 天候に恵まれ甘みたっぷり! スイートコーンで夏の訪れを

天候に恵まれ甘みたっぷり! スイートコーンで夏の訪れを

農機・工機・自動車センター

規格を確認する部会員(12日、松本市で)

JA松本ハイランド野菜部会スイートコーン専門部は7月12日、管内3カ所でスイートコーンの目揃会を開いた。
今年の出荷は6月中旬から気温が上昇したことにより、例年より1週間ほど早い7月6日から始まっている。350戸の生産者が7月中旬から下旬を最盛期に13万8000ケース(1ケース10キロ)を中京や関西を中心とした各市場へ出荷する計画だ。
松本市の同JA笹賀予冷庫で開かれた目揃会には生産者73人が参加し、品質出荷規格を確認した。JA全農長野の販売担当者と市場担当者から近郊の販売状況について報告した。同JAの営農指導員が出荷規格などを見本のスイートコーンを使いながら説明し、収穫後の品質管理と、収穫適期を逃さないことを確認した。あわせて害虫防除の徹底や異物混入防止についても呼びかけた。
同部会の山本貴明専門部長は「品質の良いものができているので、収穫時期を逃すことなく出荷していく。消費者の方には色々な行事も復活してきているので、甘いスイートコーンで夏の訪れを感じてほしい」と話した。