JA松本ハイランドすいか

すいか産地情報

ハウスすいか出荷開始。今年もおいしいすいかを届けます。

本年度のすいか栽培面積は、280ha(露地トンネル栽培251ha:ハウス栽培0.96ha:クリームすいか6.7ha:小玉・個選等2.3ha)生産者戸数266戸で、出荷数量は、113万ケース(ピーク時は日量3万玉選果)を予定しています。品種構成は、祭ばやし777が81.2% 祭ばやし1111.8% 味きらら7%です。6月に入り、日照量と平均気温が高いため、遅れていた生育が回復し、糖度も高い状況ですので期待ください。

100630-1.jpg

【今年もみんなで栽培した おいしいすいかを届けます】
すいか部会・大池部会長と三役・土肥研究部長・奈良沢ブランド研究会長GAPの取り組みや適正な防除を実施して、安全でおいしいすいかを届けます。
あたりはずれのない高品質のすいか(特選すいか)も販売予定しております。レギュラー品より、やや高いが生産限定し厳選したもののみ出荷されます。(個選・数量限定)

100630-2.jpg

【ハウスすいか出荷開始 場内検査員が外観検査をして選果します】
ハウスすいか交配目安日は44日です。(交配日から収穫までの日数)生産者の方は、厳選したもののみ出荷され、さらに、場内検査員による外観チェック されます。その後、選果機(内部品位センサー)により、糖度・熟度・外観・うるみ等選別されてから、箱詰めされ市場に出荷されます。

100630-3.jpg

【親づる整枝仕立ての現地栽培講習会】
松本市波田開田地区 大月二郎さん圃場
萩原農場(すいか種苗会社)園部課長さんより指導を受けて整枝作業の省力化を進めています。講習会では、生産者へ適切な防除方法や病害虫の発生状況を説明しています。

100630-4.jpg

【今年のすいかは、平均気温が高いため、とても甘く、おいしくできています】
中写真→後方に北アルプスの山々が見えます。頂上付近は、まだ雪が見えます。
信州は、美味い空気!旨い清流!で栽培した、うまいすいかの産地があります。
JA松本ハイランドすいかを食べてください。よろしくお願いします。

100630-5.jpg

カットしても見栄えよいすいかづくりをめざします。
果肉の品質向上のため、8月以降の圃場検査サンプルは2L級を調査して、、過熟防止や果肉色重視の検査を進めます。
場内検査においても、持ち込み時に、一部カット検査を実施して、品質向上につなげます。

Copyright (C) JA MatsumotoHigh-Land All Rights Reserved.