JA松本ハイランドすいか

すいか産地情報

露地すいか定植作業始まる。

松本市波田下原地区 JA松本ハイランドすいか部会長 大池守さん圃場。
天候に合わせて、甘いすいかを届けたい。

100414-1.jpg

露地すいかの定植が4月5日より始まりました。定植開始時期は平年並みのスタートですが、3月下旬に入り、雨・雪等により、定植作業が遅れています。

すいか研究部長の土肥寛幸さん
今年は、携帯電話のメールを活用して、安定生産に向けた、地温・気象情報等を瞬時に送信して生産者の栽培技術の安定と向上を進めたい。

100414-2.jpg

本年は、寒暖の差が激しため、定植時期のタイミングを地温を確認(地温15℃以上確保)して、定植しています。グリーンマルチは、除草剤の軽減のため使用。

100414-3.jpg4月上旬~中旬は、最低気温が氷点下まで下がる日があるので二重トンネルで栽培し、霜の被害を防いでいます。

100414-4.jpg松本市波田三溝1660 安養寺 しだれサクラが満開になってきました。昨年より約3日遅れの開花です。

100414-5.jpg写真後方には、雪化粧の北アルプスが美しく見えます。生産者の方は、マルチ引き・トンネル被覆・定植作業・育苗管理等毎日が、忙しいですが、農作業の合い間に、お茶を飲みながら、美しい北アルプスを眺めることができることは最高です。

定植作業も順調に進んでいますが、昨年より、5日くらい作業が遅れています。3月30日には最低気温が-7℃まで下がり、一部低温障害が発生しています。ハウス栽培は、3月20日より定植されていたため、低温のため生育が、平年より5~7日遅れている状況です。

本年も 松本ハイランドすいかをよろしくお願いいたします。

Copyright (C) JA MatsumotoHigh-Land All Rights Reserved.