メニュー閉じる

松本ハイランド情報

TOP > 松本ハイランド情報 > 広報 > JA松本ハイランドの出来事 > 畜産女性部「あおぞらの会」花苗配付 畜舎に花を飾ろう!

畜産女性部「あおぞらの会」花苗配付 畜舎に花を飾ろう!

駐車場

車に花苗を積み込む小沢会長

JA松本ハイランド畜産女性部「あおぞらの会」は4月30日、畜舎の周辺を色鮮やかな花で飾ろうと、畜産部会員全38戸に花苗1848本を配付した。畜産に対するイメージ向上と畜舎周辺の環境美化につなげようと、毎年行っており今年で、17年目。マリーゴールドやガザニア、サルビなど7種類の花を用意した。
同会の小沢和子会長は「花があると精神的にゆとりを持って仕事ができる。また、畜舎の周辺を花できれいにすると、近所の人たちも足を止めて見ていってくれる。地域の人たちにも楽しんでもらえているこの活動を、これからも続けていきたい」と活動に手応えを示す。
同会は畜産に携わる女性たちを元気にし、仲間づくりや情報交換を行おうと発足。例年は花苗の配付や視察研修をメインとして活動に取り組んでおり、地域住民も散歩のときに足を止め、花を観賞していってくれるようになるなど、地域に根付いた活動となっている。今年度は、花苗配付のほかにもコロナの影響を見つつ、できることから取り組もうと計画中だ。