夏の思い出に-あちこち「探検」

更新日:2019年08月17日

JA松本ハイランドは、地域の子どもたちを対象にした「ちゃぐりんおもしろ探検隊」を開いた。19回目の今年は、小学生40人が参加し、2日間、牧場の見学や農産物の収穫を体験した。
1日目は、南牧村のJA全農長野八ケ岳牧場で搾乳体験やバター作り、山形村でブルーベリーの摘み取りを楽しんだ。
2日目は、JA農産物直売所「ファーマーズガーデンやまがた」で昼食に使う野菜を自分たちで選び購入した。波田地区の畑でスイカの収穫も体験し、1人1玉ずつ持ち帰った。
昼食は、自分でおにぎりを握って食べ、地元産の米のおいしさを知り、JA女性部が、地元産の野菜を使ったサラダやトウモロコシのスープを提供。また、『ちゃぐりん』の記事を参考に工作などをした。参加した小学生は「初めて体験することがいっぱいあって楽しかった」と笑顔で話した。

夏の思い出に-あちこち「探検」

餌やりを体験する隊員

このページの先頭へ