見本で選果基準説明

更新日:2019年08月15日

JA松本ハイランドは9日、今年のリンゴの先陣を切って収穫期を迎えた早生種「つがる」の集出荷目ぞろい会を管内7箇所で開いた。約500人が出席。選果基準を確認した。今年は、6月の梅雨入りから雨が続き、十分な水分を確保できたことから肥大が進んだ。
松本市今井のJA果実共選所で開いた目ぞろい会には、生産者100人が出席した。JA全農長野の担当者が販売情勢を報告した他、営農指導員が規格ごとに分けたリンゴを示して、着色や大きさなどの選果基準を説明。今後は、高温による日焼けを防止するため、過度な葉摘みや玉回しをしないこと、かん水を行い、多目的ネットで日差しを和らげることなどの対策を呼び掛けた。
JAの小笠原寛常務は「本年も市場や消費者からの期待に応えられるよう、高品質なつがるを出荷していきたい」と意気込んだ。
今年は、8月いっぱいをピークに9月上旬まで11万ケース(1ケース10キロ)を地元や東京、大阪、名古屋、九州などへ出荷。販売額は3億5500万円を計画する。
10月上旬からは、「シナノスイート」など中生種の出荷が始まる予定だ。

見本で選果基準説明

見本の果実で規格を確認する生産者

このページの先頭へ