松本連合チーム、アジア制し世界へ

更新日:2019年06月19日

JA松本ハイランドは6月上旬、硬式野球の全国大会「JA共済杯第7回インターミディエット全日本リトルリーグ野球選手権大会」で優勝した松本連合チームに、硬式ボール5ダースを寄贈した。
伊藤茂組合長が松本市役所で開かれた優勝報告会を訪れ、「アジアを制し、世界選手権を目指してほしい」と激励。チームの遠藤健太主将に目録を手渡した。
遠藤主将は「アジア大会でも一致団結し、集中して一試合ずつ戦っていきたい」と意気込んだ。チームは22~28日に韓国・華城市で開かれるアジア太平洋選手権大会に日本代表として出場する

松本連合チーム、アジア制し世界へ

遠藤主将(右)に目録を手渡す伊藤組合長

このページの先頭へ