直売所で初売り、餅つきにぎわう

更新日:2019年01月10日

JA松本ハイランドは5日、JA直営の農産物直売所「ファーマーズガーデン」33店舗と「畑の彩り館きろろ」、アンテナショップ「中町蔵マルシェ」で新春の初売りイベントを行った。
山形村のファーマーズガーデンやまがた店では訪れた買い物客に地元産の卵を使ったスープを振る舞った他、店内でスタッフが餅つきを披露。管内産もち米約3升(1升約1.8リットル)を使ったつきたての餅に、地元産を使った大根おろしや手作りのあんこ、エーコープマーク品のごまやきな粉など、お好みの味を添えて振る舞った。
餅を味わった小学2年生の児童は「つきたてのお餅は柔らかくて、もちもちしていておいしかった」と笑顔で話した。
菊池直樹店長は「今年は亥(い)のごとく勢いを付け、生産者と共に突き進んでいきたい」と新年の抱負を述べた。

直売所で初売り、餅つきにぎわう

つきたての餅の振る舞いに集まる買い物客

このページの先頭へ