リース作りですてきな時間

更新日:2018年12月16日

JA松本ハイランド女性部「フレッシュミズ部会」は11月下旬、松本市のJAグリンパルでクリスマスリース作りを行った。部会員8人が参加。塩尻市の「アンブーケ」の一色菜津子さんを講師に、ポインセチアやシダーローズなどの素材を、土台となる柳のリース芯に飾り付け、クリスマスにぴったりのリースを完成させた。
参加者は「同じ材料なのに、みんなの個性があふれるリースに仕上がった。クリスマスには毎年飾りたい」と話した。
同部会の部長を務める伊藤敦子さんは「前回の活動の際に、『やってみたい』と声が上がって今回実現した。これからもみんなで楽しい時間を共有したい」と話した。

リース作りですてきな時間

リースを作る部会員

このページの先頭へ