旬の甘いブドウ、特別価格で人気

更新日:2018年09月25日

JA松本ハイランドは9月中旬、「東山部くだものまつり」を松本市のJA山辺ぶどう集荷所で開いた。今年で28回目を迎える毎年恒例の収穫祭。山辺地区で栽培されたブドウを中心に、JA管内産の果実を販売。県内外から多くの来場者でにぎわった。
「ナイヤガラ」「巨峰」「ピオーネ」などの他に、JAオリジナルの高級品種「黄華」や人気の「シャインマスカット」「ナガノパープル」を特別価格で販売した。生産部会などが朝取りのセルリーやきのこを販売した他、JA女性部が手作りの加工品を販売。JA子会社「ぶどうの郷山辺」の山辺ワイナリーが、ワインのブースを出店して人気を集めた。

旬の甘いブドウ、特別価格で人気

多くの人でにぎわう会場

このページの先頭へ