松本山雅ホーム戦、スイカをアピール

更新日:2018年08月21日

JA松本ハイランドは7月下旬、松本市の総合球技場アルウィンで、サッカーJ2の松本山雅FCのホーム戦に合わせて、スイカの試食イベントを開いた。JA職員有志8人が、39玉、約2000カット分を来場客に振る舞い、JA産の甘いスイカをPRした。
JAのブースには、旬の味覚を味わおうと来場客の行列ができた。同市波田にあるすいか共選所の直売所を毎年訪れているというサポーターは「JA松本ハイランド産のスイカは甘さが違う。今年も甘くておいしかった」と笑顔を見せた。山梨県から訪れた対戦チームのサポーターは「他県のスイカと比べて甘味が強く驚いた」と話した。
このホーム戦では、抽選で来場者10人と、MVPに選ばれた松本山雅のセルジーニョ選手にスイカをプレゼントした。

松本山雅ホーム戦、スイカをアピール

試食のスイカを受け取るサポーター

このページの先頭へ