だるま貯金-松本ハイランド

更新日:2018年01月06日

JA松本ハイランドは4日、新年恒例の福だるま貯金を本所や各支所などで行い、各会場とも大勢の利用者でにぎわった。20万円以上を新規に預け入れた利用者全員に福だるまと今年の干支(えと)の戌(いぬ)にちなんだ貯金箱を贈った。
安曇野市明科のJA明科支所では、窓口にだるまをずらりと並べ、役職員が茶やミカンなどを振る舞いながら来店者に応対。感謝の気持ちを伝えながらだるまを手渡した。「福だるま貯金」の利用者を対象にワインやジュースなどの景品が当たる福引も行った。
JAの大久保貴男金融部長は「この一年が利用者の皆さまにとって幸多き年であることを願いたい」と話した。

だるま貯金-松本ハイランド

だるまと景品を手渡す職員

このページの先頭へ