親子ら一足早いXマス会楽しむ-松本ハイランド

更新日:2017年12月22日

JA松本ハイランドは12月中旬、松本市で「JA共済アンパンマンこどもくらぶ」のクリスマスイベントを開いた。会員親子9組25人が参加。JA総務企画部組合員文化広報課の職員が講師を務め、「キャラデコおにぎり作っちゃおう!」と題してJA産コシヒカリ100%の「みどりの風」を使ったおにぎり作りを楽しんだ。
子どもでも簡単に作れるよう紙コップにご飯を入れ、振って作る方法を紹介した。各支所の共済担当職員も調理をサポート。参加者はさまざまな具材で思い思いのキャラクターを飾り付けた。
試食会も行い、交流を深めた。市内から友人と参加した女性は「初めて参加したが、子どもと一緒にかわいいおにぎりをつくることができて楽しい。ぜひ来年も参加したい」と話した。
JA金融部共済部企画推進課兼普及課の山﨑健一課長は「横のつながりを広げ、同じ悩みを持つ子育て世代のネットワークづくりになってほしい」と話した。

親子ら一足早いXマス会楽しむ-松本ハイランド

おにぎり作りを楽しむ親子

このページの先頭へ