試食や重量当て、すいか祭り盛況

更新日:2017年07月30日

JA松本ハイランドはこのほど、松本市のJAあぐり資材センター和田前で、毎年恒例の「すいか祭り」を開いた。今年初めて設置したウェルカムコーナーでは、大きなスイカをリヤカーに乗せ記念写真を撮影できるようにして人気だった。家族連れを中心に多くの来場者でにぎわった。
販売コーナーには、大玉のスイカがずらりと並び、来場客は試食を食べながら選んでいた。恒例のスイカの重量当てには、昨年より多い1500人以上が参加、子どもたちは、顔を真っ赤にしながら特大スイカを持ち上げようと懸命に力を込めていた。
種とばし大会には、大人の部と子どもの部で各20人が参加。優勝賞品のスイカを狙い、大人の部で8メートルを超す大記録も飛び出した。女性部の農産物販売コーナーや地元洋菓子店のスイカクッキーの販売などもあった。
来場客は「いろんなイベントがあって楽しい。家族で冷えたスイカを楽しみたい」と話した。

すいか重量あてクイズ正解発表

試食や重量当て、すいか祭り盛況

笑顔でスイカの重量当てに挑戦する親子

このページの先頭へ