ビックリ!3.5キロ金賞 生産者、ナガイモ競う

更新日:2017年04月19日

山形村にあるJA松本ハイランド直営の農産物直売所ファーマーズガーデンやまがたは4月上旬、ナガイモの重さを競う「びっくり長芋コンテスト」の表彰式を開いた。
同店の直売部会員に呼び掛け、巨大なナガイモを募集して重さを比較。部会員7人が出品し、3.5キロの芋を出品した中谷政則さんが金賞に輝いた。
コンテストは、ナガイモの春掘りに合わせて、販売促進につなげるとともに生産者の苦労を知ってもらおうと初めて企画した。3月下旬から店内に出品されたナガイモを展示し、買い物客に重さを当ててもらうクイズも実施。専用の用紙を置いて投票を呼び掛け、140票が寄せられた。
芋の重さ上位の3人を表彰。JA販売促進課のファーマーズガーデンの小原太郎統括が、受賞者に賞状と信州アルプス牛サーロインステーキや信州SPF豚ロースカツなどの副賞を手渡した。
受賞式に参加した金賞の中谷さんの妻、千代栄さんは「昨年の天候に恵まれ、こんなに大きいナガイモが掘れて驚いた。農作業の大変さや疲れも、うれしさで吹き飛ぶ」と喜びを話した。
重さ当てクイズの正解者は4人で、景品として管内産「コシヒカリ」5キロをプレゼントした。
同店の担当者は「春掘りのナガイモを、買い物客に楽しんでもらいながらPRできた。継続して開き、毎年恒例のコンテストにしたい。来年は3.5キロを超えるナガイモの出品を期待したい」と話した。

ビックリ!3.5キロ金賞 生産者、ナガイモ競う

金賞の中谷さんの妻、千代栄さん(右)ら表彰を受けた生産者

このページの先頭へ